九州はひとつ!九州ブロック商工会統一キャンペーン事業 「商工会は,行きます!聞きます!提案します!プロジェクト」

平成26年度に制定された「小規模企業振興基本法」並びに「小規模支援法」の改正により、「小規模事業者」に対して、これまでにない様々な国の施策が講じられることとなり、「持続化補助金」を核として補助事業も充実してきています。

一方九州内においては、去る4月14日に発生した「熊本地震」により多くの小規模事業者が被災され、未だ復興の途上にあります。

この様な中、今我々商工会職員に求められるものは、事業者に寄り添う、いわゆる「伴走型」による事業者支援です。

そこで、全国の商工会統一テーマである「商工会は行きます!聞きます!提案します!」のキャッフレーズのもと、九州ブロックの商工会が統一した行動を行い、小規模事業者の経営改善及び発達支援の一助とするともに、商工会の「経営改善普及事業」を広く知っていただくため、

経営指導員・経営支援員でチームを組み、地区内小規模事業者へ巡回訪問を行いました。経営者等へのヒアリングを通じて企業の抱える課題を抽出し、その解決策について提案を行い、協議することにより課題解決に繋げていきます。

巡回の結果はこちらをご覧ください。