医療費控除は領収書は提出不要になりました

1 医療費控除の簡素化について

(1)平成29年分の確定申告以降、医療費の領収書の提出が不要になる代わりに「医療費控除の明細書(別添1)」を添付することになります

(2)医療費の領収書は5年間保存する必要があります(税務署から求められたときは、提示又は提出しなければなりません。)。

(3)医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細書(別添1)の記入を省略できます(医療費通知とは、健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」などです。)。

* 平成29年分から平成31年分までの確定申告については、医療費の領収書の添付又は提示によることもできます。

 

2 セルフメディケーション税制の創設について

(1)健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組*1を行う個人が、平成29年1月1日以降に、特定一般用薬品*2を購入した際に、その購入費用について12千円超えた金額(上限88千円(100千円-12千円))の所得控除を受けることができます。

(2)適用するには①「セルフメディケーション税制の明細書(別添2)」②特定一般用薬品の購入にかかる領収書③一定の取組を行ったことを証する書類の添付が必要となります。

なお、従来の医療費控除と併用はできませんのでご留意ください。
*1 ①健康診査②予防接種③定期健康診断④特定健康診査⑤がん検診
詳細につきましては、別添3をご覧ください。

*2 医師によって処方された医薬品(医療用医薬品)から薬局などで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品(スイッチOTC医薬品)の購入費をいいます。具体的な品目は厚生労働省HPに掲載されている「対象品目一覧」で確認することができます。
また、医薬品パッケージに以下の識別マークが表示されています。

v
2 参考URL セルフメディケーション税制について
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html