小規模事業者持続化補助金(平成30年度第2次補正予算)の公募が開始されました

平成 30 年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金について以下のとおりご案内いたします。申請については、公募要領を十分にご確認いただき、お申し込みください。

詳しくはこちらをご覧ください。
福岡県商工会連合会ホームページhttp://www2.shokokai.ne.jp/koubo.html#page001

【公募要領】
(募集期間)
受付開始: 2019年5月22日(水)
受付締切: 2019年 一次締め切り6月28日(金)[締切日当日消印有効]
2019年 二次締め切り7月31日(水)[締切日当日消印有効]

(申請書類一式の提出先・問い合わせ先)
福岡県商工会連合会 小規模事業者持続化補助金地方事務局
〒812-0046 福岡市博多区吉塚本町 9-15 福岡県中小企業振興センター7 階
電話番号 092-624-8655
◇申請書類一式は、郵送等によりご提出ください。
※送付のみ受付(持参は不可)。送付時の封筒の表紙には、「補助金公募に係る応募書類在中」とお書きください。
◇問い合わせの対応時間は、9:00 ~ 12:00、13:00 ~ 17:00 土日祝日、年末年始除く)となります。(本公募要領および上記の特設ホームページ掲載情報(随時更新します)をご覧いただき、その上でご不明な点があれば、お問い合わせください。)

(ご注意・ご連絡)
◇商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者については、福岡県商工会連合会への申請はできません。日本商工会議所が作成・公表した公募要領をご覧のうえ、同商工会議所にご申請ください。
◇本事業の申請に際しては、地域の商工会の確認が必要となります。福岡県商工会連合会(補助金地方事務局)への提出の前に、地域の商工会に「様式2・経営計画書」と「様式3・補助事業計画書」の写し等を提出のうえ、「様式4・事業支援計画書」(以下「様式4」)の作成・交付を依頼してください。また、代表者の年齢が満 60 歳以上の事業者で、採択審査時に「事業承継加点」の付与を希望する者に限り、地域の商工会とご相談のうえ商工会が作成・交付する「様式6・事業承継診断票」(以下「様式6」)も必要となります。(「様式4」・「様式6」の発行には一定の日数がかかります。締切までに十分な余裕をもって(できるだけ締切の1週間前までには)、地域の商工会にお越しください)。また、地域の商工会から「様式4」・「様式6」の交付を得た後、併せて上記提出先にご送付ください(「様式4」・「様式6(代表者の年齢が満 60 歳以上の事業者で、採択審査時に「事業承継加点」の付与を希望する者のみ)」も必須提出書類です)。
◇申請に際しては、必須提出書類等(特に CD-R 等の電子媒体)の送付漏れがないよう十分ご注意ください。
◇政府(中小企業庁)によれば、一部の認定経営革新等支援機関や補助金申請のコンサルティングを行う事業者が、補助金への応募を代行すると称し、作業等にかかる費用等と乖離した成功報酬等の費用を中小企業・小規模事業者等に請求する事例が行政当局に報告されているとのことです。小規模事業者持続化補助金は、小規模事業者自らが自社の経営を見つめ直し、経営計
画を作成した上で行う販路開拓の取組を支援するものです。外部のアドバイスを受けること自体は問題有りませんが、上記主旨に沿わない申請は採択の対象となりませんのでご注意ください。なお、成功報酬等と称される費用、申請書作成セミナーと称される費用や補助金申請等にかかる経費に関しては補助対象外です。